掃除術

モデムのごちゃつくコードはニトリのファイルボックスで隠して解決

モデムのごちゃつくコードはニトリのファイルボックスで隠して解決

ネットを引くと避けて通れない、モデム周りごちゃごちゃ問題。

我が家では通信業者から借りているモデムと別にルーターがあり、よりいっそうごちゃごちゃしています。

なので、今回はファイルボックスを使って隠すことにしました。
臭いものにはフタ作戦です。

コード隠しビフォーアフター

百聞は一見になんちゃらと言いますので、
まずはビフォーアフターをご覧ください。

before

after

うん、すっきり。

モデムを隠すメリット

モデムを隠すメリットは、ズバリ3つあります。

見た目がすっきり

言わずもがなですが。

掃除が楽

コードに埃が溜まったりがないので楽です。
また、コードが出ていないのでロボット掃除機も使えます。
掃除機がコード食べちゃって「うわああああああ」ってならずに済みます。

「とりあえず」のアイテムを減らせる

こだわりを持ってモデム・ルーターを選ぶ人って少数派で、
多くの人はとりあえずで選ぶことが多いのではないでしょうか。

でも、おうちの中にそういう「とりあえず」が増えると、
どんどん自分の部屋に愛着が持ちづらくなります。

モデムを隠しちゃうことで、
そういう「とりあえず」を一つ減らせるのもメリットだと感じました。

モデムを隠すデメリット

デメリットも考えてみました。

熱がこもりやすい

電子機器に放熱は付きもの。
モデムも例外ではありません。

ファイルボックスで覆ってしまっている分通常より熱が逃げ辛くなります。

これまで過去2年ほど同じような使い方をしていて、
モデムに不具合はありませんでしたが、夏場は注意が必要かもしれません。

ニトリのファイルボックスが最適な理由

今回モデムを隠すのに使ったのは、ニトリのファイルボックス。

お、値段以上。

実は、モデムを隠すための収納アイテムも世の中にはあります。
例えばこんなのとか

 

でも、専用のものってみんな高いんですよね。

モデム回りの整理って絶対にやらなきゃいけないことじゃないので、
できるだけコストはかけたくありませんでした。
なので、ファイルボックスを使うことにしました。

コードを通す隙間がある

ファイルボックスは普段無印良品のもので揃えています。
なぜニトリのものを使ったかというと、
ニトリのには、ひっくり返したときにコードを通せる隙間があったからです。

ピンクの隙間が必要不可欠。

ちなみにカインズのものにもサイドに隙間があるので、
買いに行きやすさで選んでもいいかもです。

無印の仕切り板でズレにくく

モデムを隠すだけなら上から被せるだけでおしまいです。

うちではロボット掃除機が毎日頑張ってくれているので、
ガシガシ掃除機がぶつかってもズレないよう設置時に一工夫を加えました。

使ったのは無印良品の仕切り板と100均で売っている耐震シート

仕切り板2枚の裏に耐震シートを貼り付け、床に固定。

そのうえからファイルボックスを被せることでズレにくくなりました!

 

以上がおふとん流モデム回りのごちゃごちゃ解消法です。
お金を掛けずにすぐできるので、コードにお困りの際はぜひ試してみてください。