時短術

朝ごはんは簡単メニューをパターン化して抜かずに食べる

朝ごはんは簡単メニューをパターン化して抜かずに食べる

1分1秒を争う朝の時間。

バッタバタの時に真っ先に削られちゃうのが朝ごはん。
でも、朝食を抜いちゃうとお昼を待たずして空腹が大変なことに。
今回は、朝からちゃんと食べるためにやっているパターン化のお話です。

サッと出来て毎日食べられるものでパターン化


毎日これを朝からもりもり食べています。
お皿に盛るだけなので、所要時間は1~2分。

目覚めたばかりでカラカラの口でも食べられるよう、水分多めにしています。

パターン化のメリット

考える時間がかからない

何食べよう?と考える余地がないので、即行動に移れます。

支度に時間がかからない

毎日のルーティンなので、日を追うごとにブラッシュアップされていきます。

全然進まない…が無い

昨日もおとといも食べているものなので、
体のコンディションに左右されにくいです。
「今日は食欲無いから抜こう」がなくなります。

レシピ紹介

使っている食材全員集合!

ひとつずつ詳しく紹介していきます。

①オートミール


クエーカーオーツのオールドファッションオートミール。

なんといっても、栄養価の高さと、安さが魅力。

白米や食パンと比べると、食物繊維とたんぱく質が圧倒的に多いです。
そして、4.5kgも入って2400円程とシリアルと比べるとこれまた圧倒的に安いんです。

オーツ麦そのままなので、ちょっと食べにくいことが難点ですが、
シリアルやフルーツと混ぜることで、おいしく食べられるようになります。

②フルーツグラノラ ハーフ


おいしさ担当。
食感も味も抜群。さすがはケロッグ。

オートミールの食べにくさを軽減してくれています。

オートミールとの割合は1:1にしています。

不要な油は摂りたくないので、ハーフをチョイス。
最近カカオ味が出たので、こちらも試してみたいです。

③ヨーグルト

特に銘柄は決めていません。
毎度1/2パック使うので、だいたい200gくらい入れます。

ギリシャヨーグルトを使うときもあります。
水切りなので、嵩を減らしたいときには有効です。

④ミックスナッツ


良質な油と、食感のアクセントのために入れているのがミックスナッツ。

以前はコストコの大きいミックスナッツを買っていました。
が、そんなにお買い得じゃないのと、小分けではないので開封後の劣化が気になったので、
カリフォルニア堅果の小分けのものをつかうようにしました。

⑤バナナ&ブルーベリー

いろどり担当。
どちらも年中手に入り、比較的安価なので選んでいます。
ブルーベリーは冷凍を解凍せずそのまま盛り付けちゃいます。

⑥豆乳


乳糖分解が苦手な体質なので豆乳を使っています。
脂質高めなので、牛乳が大丈夫な方は低脂肪乳もオススメ。

 

 

以上、朝食を抜かないためにやっているパターン化のお話とレシピの紹介でした。

朝からしっかり食べて、今日も一日がんばりましょう。