レビュー

靴を新しくしたら必ずやりたいインソール交換と防水処理の話

新しい靴を迎えたら必ずやるインソール交換と防水処理の話

無印良品週間を利用して、新しい靴を2足お迎え。

一緒に断捨離もして結果2増3減。1足減らせました。
今回は新しい靴により一層愛着を抱くためにやっていることを紹介します。

インソール交換で疲れにくく

見た目は素敵だけど疲れる靴と
見た目はいまいちだけど疲れない靴

たぶん疲れない靴の方選んじゃいます…。

だからこそ、お気に入りの靴を疲れない靴にするのが大切。

そこで必ずやっているのが、インソールの交換。
愛用しているのはニューバランスのカップインソール。

 

どんな靴でもこれを入れると、
一日中お出かけしても足が疲れません。

インソール比較


今回購入した靴は、この2つ

同じようなもの買っていますね。いいんです。いいんです。

 

それぞれのインソールを並べてみました。
左からニューバランス、疲れにくいスリッポン、内羽根スリッポン


左のニューバランスのものは、定価1500円だけあって、作りが一番しっかりしていました。
土踏まずのアーチ部には、TPU素材が使われていてちゃんとサポートしてくれます。

真ん中の疲れにくいスリッポンのものも「疲れにくい」と付くとおりなかなか頑張っています。
調べてみると無印が独自開発したインソールを採用しているみたいです。
詳しくは『どのスニーカーでも「歩きやすく」「疲れにくい」を目指して』こちらを。
こちらは元のインソールのまま様子を見てみることにしました。

右のMUJILaboのスリッポンは薄くて土踏まずのサポートも無し。
こちらはインソールを交換しました。

防水スプレーで汚れにくく

もうひとつのやることは防水スプレー。
こちらの目的は、防水ではなく防汚です。

知っている人には当たり前の話なのですが、
防水スプレーには汚れをつきにくくする効果があります。
水だけじゃないんです。

新しく買った靴がすぐに汚れてしまったらがっかりですよね。
そのがっかりリスクを減らしてくれる心強い味方なんです。

買ってすぐにするというのもポイントで、
汚れてしまう前の状態で保護してあげることで、
綺麗な状態を維持しやすくなります。

 

購入後即スプレーは、スプレーメーカーもおすすめなので間違いないです。

対象製品が新品のうちからお使いいただくとより効果的です。

出典:コロニルジャパン|レザーケアショップ|Collonil|革製品|靴みがき|手入れ|商品詳細 ウォーターストップ

 

今回使ったのは無印の防水スプレー

値段と大きさが手ごろです。

たくさん使われる場合はアメダスやコロニルのものの方がコスパはいいです。

 

 

使い方は簡単で満遍なく吹きかけて、乾かしてあげるだけで完了です。

※吸い込むとよくないので、必ず屋外の風通しがよいところで行ってください。

 

以上が新しい靴を迎えたら必ずやるインソール交換と防水処理の話でした。

基本的な話でしたが、基本こそ一番大きい効果が見込めるので、
もしやっていなかったら絶対におすすめです。